感染症と季節とメーカーについて

日本には美しい四季があり、シーズンごとに美しい花が咲いたり景色も楽しむことができます。そして季節によっては、感染症が流行してしまうことがあります。すると医薬品メーカーなどは、そのシーズンに起こりうるであろう感染症対策の医薬品を販売することになります。感染症にも種類があって、特徴もあるので、メーカーは時期と、毎年の傾向をリサーチしながら医薬品を市場にも登場させることになります。

感染症の最も活躍してしまうのは、気温もずっと冷え込む真冬の季節です。各医薬品メーカーも、との年には何が感染しやすいかを調べながら、市販薬も登場することになります。真冬の代表格といえば、インフルエンザの感染対策は欠かせません。インフルエンザの病原体となっているのは、インフルエンザウイルスによるものです。喉の痛みや筋肉痛、関節痛や高熱に頭痛などの症状が出てきますから、普通の風邪と勘違いしやすいです。でも普通の風邪だと、筋肉痛のようにはならないですし、インフルエンザは風邪よりも高熱がでます。

冬の季節に気をつけたい感染として、ノロウイルスもあります。乳幼児から高齢のお年寄りまで油断大敵な症状で、急性胃腸炎を引き起こします。メインで活躍してしまうのは冬のシーズンで、秋の11月から登場して冬に猛威を振るうのが特徴です。感染力が強いのも特徴であり、少量の10個から100個であっても発症します。感染ルートも豊富で、飛沫感染や接触感染、経口感染などさまざまです。1回感染すればもう大丈夫ということはなく。再び繰り返して観戦するのもノロウイルスです。冬は感染症も多くなる時期ですから、手洗いやうがいなど、出来る対策は行うようにすることです。