感染症であるインフルエンザへの有効な対策とは

感染症は病原体が体内に侵入することで様々な症状を発症するものです。そしてインフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する感染症のひとつで、毎年、大流行するシーズンがあることから、私たちの生活に最も根ざした感染症のひとつと言えます。インフルエンザに感染すると、普通の風邪にかかった時よりも重い症状が、急速に出てくるのが特徴です。症状としては38度以上の高熱や筋肉痛、強い悪寒などが出ることが多く、症状が重症化した場合や、体力が弱い子供や高齢者などは、合併症として脳炎や肺炎、気管支炎などを発症することも珍しくありません。ただし、インフルエンザウイルスは感染したからと言って、必ずしもこれらの症状があらわれるわけではありません。体内に侵入してきたウイルスに対抗する免疫力が強ければ、ウイルスは発症することはありません。ですから、インフルエンザへの対策しては、まずは体の防御力である免疫力を高めることが有効です。特に疲れが溜まっていたり、睡眠不足が続いていたりすると、免疫力は低下しがちですから気をつけて下さい。それからインフルエンザウイルスは、感染経路としては飛沫感染と空気感染を持っています。くしゃみなどの際に飛び出した唾液内に含まれているウイルスが、空気中に舞うことで人に感染すると言うのが一般的なルートです。ですから、この感染経路を断つことも対策としては有効なものです。飛沫感染を防ぐためには、マスクを着用する、くしゃみをする際は地面に向かってする、あるいは服の袖で口元を覆うなどの対策が求められます。そして空気感染に関しては、空気が湿度を含んでいれば、宙に舞ったウイルスはそれとくっついて、その重みで地面へと落下します。ですから、インフルエンザの流行時期である冬場などの空気が乾燥した季節は、加湿器などを利用して空気に湿度を与えることも対策としては有効です。